FC2ブログ
閑臥庵
2014 / 07 / 30 ( Wed )
夜の 閑臥庵

京の北区鞍馬口通の寺町を西入るにある

黄檗宗の閑臥庵は山号を瑞芝山と号します。ご本尊は釈迦如来

閑臥庵の起こりは、江戸時代の初め、後水尾天皇が後陽成天皇の勅使
に従って、貴船の奥ノ院から鎮宅霊符神を大宮御所の北に移して創建
されたのが始まりとされています。

開山は万福寺の六世千保(隠元禅師から六代目の万福寺管長)
皇室の祈願所として後水尾天皇が自ら「閑臥庵」と命名勅額を下され
たと伝えられています。

その閑臥庵の夜の拝観をしてまいりました。
山門前の羅漢様がほのかな明かりに照らされてのお出迎えです。

羅漢さま

行燈の灯りは別世界へといざないます。

行燈

昼間の喧騒から離れて静かな、柔らかな明かりに誘われてどんどん
奥へと・・・・ そこには何があるのでしょうか?

願い事が一つだけ叶うと言われる導き灯篭に引き付けられます。

エントランス

その先にはご本尊のお釈迦様です。

本堂

青紅葉の中にひときわ高い灯篭がそびえています。

秋にはまた変わった風情が楽しむことができます。
真っ赤に紅葉した風景はまた格別です。
それは秋までのお楽しみということで・・・・・

灯篭

大きな砂紋は大海を表しているのでしょうか?

砂紋

とても幻想的で整えられた夜の閑臥庵はロマンチックでもあります。
特別な人と訪れてみるのもいいですね!。

庭園
23 : 47 : 14 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<妙光寺 | ホーム | 上七軒 ビアガーデン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/685-960ef666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |