FC2ブログ
上賀茂神社界隈
2009 / 01 / 18 ( Sun )
冬の上賀茂神社界隈

武射神事の行われた上賀茂神社は1300年の歴史を有し、世界遺産に登録されています。
神社に建つ社殿の多くは重要文化財に指定されています。

境内の玉橋の下を流れる御物忌川(おものいがわ)は御手洗川と合流してならの川となる。
そのなら川は境内過ぎると神明川となり、川の流れに沿って社家町が形成され、この社家屋敷
が貴重な町並みとして昭和63年に国の「重要伝統的建造物保存地区」に選定されています。

             社家2

土塀が続く社家屋敷はその保存に注力されていて、京都市指定名勝に指定されています。
西村家別邸のお庭は1181年に策定され川から水を庭園内にひき、再び川に返す遣水
(やりみず)形式がとられているそうです。
冬の間はお休みですが3月中頃からお庭を見学することができます。
他にも京都市登録有形文化財の井関家、梅辻家などが並びますが中を見学することは
できません。

社家  土産

               ムベ

そんな中で1軒小物を玄関先で販売されている家がありました。
      (携帯ストラップ、湯のみ、箸おき、袋物、髪飾り等々)
玄関先にはムベが実をつけていました。

又上賀茂神社界隈は”すぐき”漬けでも有名なところです。

なり田  すぐきや

近くにはなり田さんとすぐきや六郎兵衛さんがあります
この”すぐき”はかぶらの一種・酸茎菜を独特の製法でつけたものですが、この乳酸発酵
したすぐき漬けは他の乳酸発酵のどの製品よりも優れているとか

神馬堂  葵や

                    やきもち

そしてもう一つ有名なのが ”やき餅” 神馬堂さんと葵屋やきもち本舗の2軒があります。
神馬堂さんのはもう売り切れていましたので今回は葵屋やきもち本舗で購入しました。
1個120円でした。 粒餡で焼き目もきれいなもっちりした美味しいやき餅です。

今井  今井2

この界隈ではもう一つ雑誌にもよく紹介されている今井食堂というお店があります。

                    さば煮

野球のヤクルトの元捕手 古田選手が学生時代よく通ったともいわれていて、近年は
野球選手は勿論芸能人もよく訪れるお店、ここの名物が ”サバ煮” 頭と尾と内臓を取り
除いたサバを3日間炊き込んだというサバ煮定食
骨まで柔らかく味がしみこんだ素朴な味ですが、定食680円はその人気はずっと続いて
います。小さな昔のままのお店ですがひっきりなしにお客さんが入ります。

                  舟形

上賀茂神社を出るとすぐ鴨川に出ます。
裏山は五山の送り火”舟形”の船山が見えます。

ゆりかもめ  サギ
             
                   タンポポ

鴨川はこの時期ゆりかもめ、鴨、さぎなどが飛来し、羽を休めています。
また堤防にははやくもタンポポの花が咲いていました。黄色の外来種は生命力が
強いです。

川の東側は「半木(なからぎ)の道」とし”しだれ桜”が見事に咲き誇るところでも知られて
います。 この鴨川の両岸は散策道となり、近くで鉦の練習をされていたり、学生の
ジョギング姿、犬の散歩をされている光景はのどかで、やがて桜が満開になる頃は大勢が
出かける市民の憩いの場です。

上賀茂神社へは市バス4、9、46、北3で行く事ができます。

上賀茂神社についてはいずれ改めてご紹介します。
22 : 47 : 51 | 京菓子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<湯立神楽 | ホーム | 武射神事>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/69-f6e74047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |