FC2ブログ
當麻寺
2015 / 05 / 02 ( Sat )
非公開文化財特別公開 當麻寺

4月29日から5月10日まで開催されている平成27年度春の
京都非公開文化財の特別公開が行われています。

特に當麻寺は5月1日から6日までの公開のため拝観して参りました。

看板

當麻寺は浄土宗の西山禅林寺派(永観堂)に属し、創建は
天福2年(1234)と伝えられています。

証空上人58歳の時に創建され、現在は旧三条街道(山科駅近く)
沿いにあります。

山門

山号は弘誓山(こうせいざん)と号し 當麻寺(たいまじ)と読みます。
御本尊は阿弥陀如来

石柱

當麻寺の阿弥陀如来坐像は2.6mの丈六で、結跏趺坐のお姿です。
平安時代末期に造られたものだそうで作者は不明らしいです。

寄木造で漆箔が施され、通常は非公開のため、その状態はとても綺麗
です。
昭和59年に京都府の指定文化財に登録されています。
その大きさから「山科大仏」とも呼ばれているそうです。

寺域は安祥寺川に近く過去には度々安祥寺川の氾濫による水害によって
本堂が浸水する被害にあったそうで、現在では阿弥陀様がお座りになって
いる台座の下には滑車がつけられていて、災害時にはいち早く運び出せる
ようになっているそうです。

阿弥陀如来
(写真は看板より)

また當麻寺曼荼羅も公開されていました。

當麻寺曼荼羅は「観無量寿経」という経典を絵で説いたものだそうで
奈良の當麻寺の曼荼羅を写して室町時代末期から江戸時代初期に
作られたと考えられているそうです。

お釈迦様が夫人に阿弥陀様と極楽の世界の様子をあらわしたものとされ
縦3m、横2.m以上もある大きな曼荼羅でとてもきれいに保存され、色も
鮮やかです。

平成25年には奈良の當麻寺と合同で曼荼羅織成1250年を記念して
合同法要が行われたそうです。

本堂
19 : 07 : 44 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<西念寺 | ホーム | 京(みやこ)の花だより>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/702-589dacc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |