FC2ブログ
京の冬の旅 妙心寺
2016 / 02 / 13 ( Sat )
 妙心寺 霊雲院

京の冬の旅 妙心寺塔頭の霊雲院が39年振りに公開されています。

霊雲院

霊雲院は大永6年(1526)大休宗休が師の特芳禅傑を開祖として創建された
妙心寺四派本庵の一つです。

霊雲院山門


妙心寺四派とは、龍泉派、東海派、霊雲派、聖沢派に分かれます。
この四派は妙心寺六祖雪江宗深の弟子である四人が派祖となりゆかりの
塔頭を夫々龍泉庵、東海庵、霊雲院、聖沢院と称したものだそうです。

その霊雲院が今回公開されています。

霊雲院2

この霊雲院には狩野元信が逗留したことから元信寺とも称されています。

この霊雲院の創建者大休に後奈良天皇が参禅されたことから、
御幸の間と称する書院が重要文化財として残されています。

書院は天文12年(1543)の建立と伝えられて屋根は杮葺きとされ
違い棚、帳台構え、欄間などに変化がもたらされています。

庭園は狭い敷地に深山幽谷をあらわした枯山水で国の名勝史跡
に指定されています。

西田幾多郎先生墓

表門の南側に西田幾多郎のお墓があります。
19 : 44 : 48 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<西陣マルシェ | ホーム | 京の冬の旅>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/719-0d619565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |