FC2ブログ
八坂庚申堂
2016 / 03 / 19 ( Sat )
申年に因んで「八坂庚申堂」

京は東山八坂通に「京の庚申さん」として人気の高い「八坂庚申堂」があります。

石柱

八坂庚申堂は正式には「大黒山延命院金剛寺」と称し、ご本尊は青面金剛童子。
大阪四天王寺、東京浅草寺とともに日本三庚申の一つとされています。

山門

境内にはご本尊の青面金剛童子石碑が置かれています。

青面金剛石碑

青面金剛童子は今から約1200年ほど前、葛野(かどの)の秦河勝(広隆寺建立)が
我が国に気化した時に将来した仏像だと伝えられています。
これが秦氏一族の守り本尊でありましたが秦氏が滅亡した時、淨蔵貴所法師が
この本尊を一般の人にも参詣できるようにと八坂の地に創建したのが八坂庚申堂
の始まりだといわれているそうです。
創建にあたってはこの他にもいくつかの節があります。
 
本堂有

その後兵乱や火災により焼失し、現在の本堂は延宝6年の再建とされています。

王朝の夜を語る「庚申堂の猿」
 60日毎に巡ってくる「庚申」の夜に眠ると、身中の三戸(さんし)という虫が
 天に登って天帝に人の悪い所を告げるため短命になる。
という道教の信仰が平安時代に伝わり守庚申、庚申侍と呼ばれ一夜を明かす
風習が貴族社会に広まりました。

やがてこの風習は除病、延命、豊穣、招福にご利益があると江戸時代には
全国に広まり、村や町に庚申堂、庚申塔が建てられたようです。

みざる

本堂前の香炉は「見ザル、言わザル、聞かザル」の猿が背負っています。
この三猿は仏教よりも古くエジプトにもあったようだとか。
処世術を説いたもの

いわざる

聞かざる

色とりどりの「くくり猿」は
人間の煩悩はいい状態でコントロールすればエネルギーにもなりますが、
「意馬心猿」油断できないお猿のように、心を動かすものに近づかないように
と思っていてもついつい動いてしまう心をしっかりつないでおきましょう
というお守りの「くくり猿」です。

くくり猿

くくり猿に願い事を託して、それを叶える秘訣は欲を一つ我慢すること
だそうです。  なるほど!!!

くくり猿2

八坂庚申堂には海外からの若い女性が着物姿で参拝されていたりして
賑わっています。
19 : 58 : 55 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大原 勝林院だより | ホーム | 京の冬の旅>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/723-652dea39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |