FC2ブログ
京の冬の旅シリーズ
2017 / 03 / 11 ( Sat )
京の冬の旅 建仁寺 久昌院

2017年京の冬の旅で特別公開されている文化財の中で、今回は
20年振りの公開とされている建仁寺の塔頭「久昌院」を訪ねてきました。

冬の旅看板

久昌院は、慶長13年(1608)に美濃加納城主の奥平信昌が三江紹益(さんこうじょうえき)
を開山とし、奥平家の菩提寺として建立されたのが始まりです。

奥平信昌は長篠の合戦(織田信長と徳川家康の連合軍対竹田勝頼の合戦)において
長篠城に約一か月籠城し、城を死守して武田軍を撃退した勇将と言われています。

この功績により名前の一字を信長の信を得て信昌とし、さらに家康の長女亀姫
を妻に迎えた信望の厚い武将でした。

関ヶ原の合戦にも参戦して徳川の勝利に貢献し、初代京都所司代に任命
された後、慶長6年には加納城主となって十万石が与えられました。

山門

方丈には仏間の背後に2室の座敷があり、仏間の隣に功績をたたえて
宇喜多一慧が描いた「長篠合戦」の襖絵が展示されています。
時代を感じる襖絵ですが、甲冑や人物が緻密に描かれている襖絵
でした。

書院「高松軒」は方丈の西側にあり渡り廊下とつながっていて
十二畳の座敷には上段の間と火頭窓が設けられています。
その隣の三畳台目の茶室があり、この茶室が「遠州別好ノ席」
と名付けられ、天井、間取り、入口に複雑な造りがなされていました。

また書院には長沢芦雪筆による「牧童吹笛図」という、筆ではなく指で
描かれた「指頭画」が掲げられていました。
童子が牛にまたがって笛をふいている画ですが、とても指や手のひら
で書かれたものとは思えない趣のある画でした。

本堂2

お庭は心の字を表した心字池に生垣がきれいに刈り込まれています。
この刈込は2段になっていてその段差によってお庭を広く見せるという
工夫がなされているそうです。
その借景に建仁寺の堂宇や東山を望むことができる池泉回遊式のお庭です。

庭園2

お庭の右端の屋根がみえるのは御霊屋で奥平信昌夫妻の五輪の石塔が安置
されています。

庭園

鐘楼は寛永4年(1627)に信昌の十三回忌に建立されたとの記述が残されて
いて、久昌院の建物の年代を考察するうえの基準となっているようです。

鐘楼
20 : 58 : 07 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<上御霊神社 | ホーム | 羅城門>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/741-3e335219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |