FC2ブログ
祇園祭 先祭り 山鉾巡行
2017 / 07 / 17 ( Mon )
祇園祭り 先祭り 山鉾巡行

今年の先祭り巡行は幸いにも天候にも恵まれ、同掛けも豪華絢爛な
様相で都大路を練り歩いていきました。
今年は四条傘鉾と、綾傘鉾を中心にみてきました。

三連休とあって人、人、人の大盛況で辻回しが行われる交差点では
大きな人垣が出来ていました。

四条傘鉾は応仁の乱(1467)以前に起源をもつ古い鉾の形態の一つで
傘の上には赤い御幣と若松をつけます。
この赤い御幣をつけるのは四条傘鉾だけです。

明治4年以降一時途絶えましたが、昭和60年再興され、63年から巡行に
加わりました。

傘鉾A

四条傘鉾では身長150cm以下の小学3年生~5年生の中から選ばれた
子供たちによって棒振り踊りが主要な所で披露されます。

子供たちが着想する袴はたっつけ袴と呼び、インド更紗で出来ています。
風流傘を被り太鼓を持って赤い鼻緒の草履を履いてとても可愛らしく、
きびきびと踊ってくれます。

傘鉾2A

四条傘鉾は四条通西洞院西入るが会所となります。

大原神社

綾傘鉾は綾小路室町西入るの大原神社縁りの傘鉾で
山鉾の古い形態を残している傘鉾の一つと言われています。

鉾は二基あり、そのうちの一基には「金鶏像」が鉾頭に飾られ、
垂りの模様は綴織の「飛天の図」。

綾傘鉾2A

二基目は人間国宝森口華弘作友禅染の四季の花模様の
垂れがつけられています。

綾傘鉾1A

綾傘鉾も京都の大火で焼失して、明治12年~17年迄原型の徒歩囃しで
巡行に参加していましたが、昭和54年から現在のような形で巡行に参加しています。

本日の籤改めも可愛くも凛々しい小学生が見事に大役を勤めました。

沿道からは拍手喝采がおこります。

籤改めA

籤が改められると、扇子を返して進めの合図を送ります。

籤改め2A

お稚児さんを先頭に進んでいきます。

綾傘鉾でも正副6人のお稚児さんが参加し、八坂神社に社参して神の使いとして
「宣杖書」を授かり、巡行に加わります。

お稚児さんA

お稚児さん2A

綾傘鉾の特徴は棒振り囃子です。

綾傘鉾A

赤熊と呼ばれる面を被った素面の棒振りと面をつけた2人の締太鼓
鐘、笛のテンポの違う囃子に乗って疫神を祓う棒振り踊りを披露いたします。

棒振り2A

目にも止まらぬ速さで棒振りが行われます。
決して棒を落とすようなことはありません。それは見事な踊りです。
写真に収めるには技術を必要といたします。

今はこの棒振り踊りは六斎念仏の保存会の方々がその大役を
担っておられるそうです。

六斎念仏は平安時代空也上人が庶民に念仏を布教するために
始めたと伝えられ、現在は国指定重要無形民俗文化財に指定されて
います。

祇園祭りも随所に奥深い歴史と伝統工芸、伝統文化が込められた
お祭りで興味深いものがあります。

24日は後祭りの巡行が10基の鉾や山が都大路を練り歩き、疫病
疫災退散を願ってお祓いをいたします。

祇園祭りを境に梅雨明けとなり、暑い京都の夏がやってまいります。
18 : 51 : 40 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<京都府庁 | ホーム | 祇園祭り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/746-a3502287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |