FC2ブログ
京の夏の旅
2017 / 09 / 17 ( Sun )
京の夏の旅 本野精吾邸

京の7夏の旅シリーズ 「本野精吾邸」のご紹介です。


看板

本野精吾は明治15年生まれで、大正から昭和に活躍した建築家です。

父盛享(もりみち)は読売新聞の創業者、兄一郎は外務大臣という閨閥の家柄、

精吾は東京帝国大学建築科卒業後、明治41年に現京都工芸繊維大学の
図案教授に就任。 明治42年から3年間ドイツ留学。
当時ヨーロッパで盛んだったモダンデザインに影響を受け、帰国後は
鉄骨や鉄筋コンクリートを使用した建築作品を造り出し、日本における
モダニズム建築の先駆者の一人として知られている方です。

邸宅2

京都の北区等持院にその邸宅が残されています。

自邸はL字型のコンクリートブロックの組み合わせ(中村鎮式ブロック)
という当時ではモダンな建築様式で建てられています。
これは早くから地震対策も考えられていたものなのですね。

中村式ブロック2

1階は板張りで食堂と居間兼用でお部屋を広く機能的に使えるようにされて
います。 暖炉も作られています。

これは優れたモダニズム建築として国際組織のドコモモ日本支部によって
選定されているそうです。

21階

暖炉2

窓の開閉ツマミもデザインが凝らされています。

窓ツマミ2

お部屋の2階からは左大文字を見ることができます。

左大文字

また本野が手掛けた建物は京都市考古資料館(大正3年建築)
鶴巻鶴一郎邸(現栗原邸) 昭和4年建築 山科区疏水べり
京都工芸繊維大学3号館(昭和5年)左京区
等が現存しています。



18 : 37 : 37 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<花山天文台 | ホーム | 八朔祭>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/749-dc49759b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |