FC2ブログ
京の伝説1
2009 / 02 / 13 ( Fri )
京の伝説①

水火天満宮 本殿

水火天満宮
京の堀川通鞍馬口を下がると水火天満宮があります。
御祭神は菅原道真水難火除けの神様として信仰を集めています。

         登天石

こちらに ”登天石” という御神石があり、これが京の伝説として語り継がれています。

その昔、延喜3年(903年)菅原道真は藤原時平の讒言により大宰府に左遷され
59歳の生涯を閉じました。

その死後京の都では天変地変が相次ぎ、人々は道真公の怨念の仕業だと信じ込みました。
時の醍醐天皇はこれを静めようと、道真公が師と仰いだ延暦寺の法性坊”尊意僧正”に
祈祷を依頼しました。

勅命を受けた尊意僧正は早速山を下り、宮中に急いでいた途中賀茂川まで来ると
突如として川の水位が増し、水が町に流れだしてきました。
だが尊意僧正は騒がず数珠をひともみし、賀茂川に向かって祈りを捧げました。

すると不思議に水位は下がりまっ二つに分かれ水流の間に一つの石が現れ、
その上に道真公の霊が現れましたが、やがて雲の中に消えていきました。

尊意僧正はその石を供養として”登天石”と名づけられ、今もこの水火天満宮で
おまつりされているそうです。

出世石 金龍水


また境内には”出世石” ”金龍水”というのもあります。

紅梅  白梅

境内は早くも紅梅、白梅が咲き誇っていました。
2月25日に北野天満宮では梅花祭が催されることになっています。

水火天満宮へは市バス9、12で堀川鞍馬口下車 すぐです。
12 : 57 : 56 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<京の伝説② | ホーム | 初午>>
コメント
----

もう梅が咲いているのですか?
 暗いニュースが多い中 明るい情景ですね
 暖かい冬ですね
 今日は 春一番がふいたとか・・・・
by: shinsan * 2009/02/13 20:08 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/75-14ed21c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |