スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
中村楼
2018 / 02 / 12 ( Mon )
京の老舗 中村楼

桃山時代末期から江戸時代初期の創業と伝えられる料亭中村楼は
八坂神社の南楼門前にあります。

門構え1


もとは東西に二軒あった茶屋が始まりで、八坂神社に参拝される人々に
腰掛け茶屋として始まったといわれ、これが茶店の発祥とも言われます。

「都名所図会拾遺」に「その濫觴は年暦久遠にして詳にしれがたし
今より百八十年前、慶長の頃東にも建てて東西両翼の如し、これを
二軒茶屋という」とあるようで、東を柏屋、西を藤屋といわれたが
藤屋がなくなり、柏屋が中村楼と改められ今日に至ります。

当初は門前の水茶屋として、やがて豆腐の田楽や菜飯が名物となり
地唄「京の四季」には「粋も不粋も物かたい二本さしてもやわらこう
祇園豆腐の二軒茶屋」と唄われ、また小唄や新春の手まり歌にも
歌われるくらい賑わいをみせていたようです。

東海道膝栗毛にも出てくる名物茶屋として親しまれました。

その中村楼に伺ってまいりました。
タラ葉


玄関前には多羅葉の木が今は赤い実を一杯つけています。
この多羅葉はモチノキ科で日本では葉の裏面に経文を書いたり、
葉をあぶって占いに使用してきました。
この葉の裏に文を書いてハガキとしても使用することができるという
ものです。

お庭2

お店の中は広くてどのお部屋からもお庭が見える工夫がなされている
心遣いがあります。

今日はお昼の懐石料理です。

先ずはアマダイの蕪蒸し
蕪蒸し1

寒い冬には何よりのご馳走、温まります。蕪の滑らかな舌触りが
とてもよくワサビがきいてとても美味しいです。

お吸い物1

真薯とネギのお吸い物
細いのはネギの種類だそうです。一椀の中に絵があります。

てっさ1

冬は河豚の美味しい季節です。

ぶりのお造りとサワラの幽玄焼き1

ブリのお造りの一皿と鰆の幽玄焼き、冬の風邪予防は何と言ってもキンカン
の甘煮です。

名物田楽1

名物の田楽が出てまいりました。
味噌の味は秘伝のお味が守られています。

鴨鍋1

鴨鍋はお出汁がとっても美味、香りがよくて絶品でした。

節分の八寸盛1

2月節分の趣向をあらわした八寸盛です。
白玉椿(ユリ根) 飯蛸 おたふく豆 えび お稲荷さん。
彩もよく、お味のバラエティーもあり、すばらしい表現でした

菜の花1

春をいち早く感じる菜の花に豆に暮らせますようにとおまめさんが
込められた一鉢です。

彩ごはん1

彩ごはんに香のものと赤だしです。

赤だし1

最後は季節の果物

フルーツ1

銀のスプーンがとても素敵でした。
持ち手もおしゃれでふとすぎず、細すぎず 細工も繊細で
果物が余計においしく頂けました。

器と料理の調和、季節と料理の調和、しつらえ
これらが一体となって京の老舗とよばれる料亭は随所にその
心遣いが垣間見える素晴らしいところです。

15 : 28 : 45 | 京料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<涌出宮 居籠祭 | ホーム | 全国都道府県女子駅伝>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/755-e2e88ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。