旧三井家下鴨別邸
2018 / 02 / 26 ( Mon )
>旧三井家下鴨別邸

京都の出町柳に張り出す高野川と鴨川の合流する三角州の北側には
下鴨神社の境内が広がります。
下鴨神社の南に位置したところに旧三井家下鴨別邸があります。

門

広さは5720㎡ある敷地に三層建ての主屋と玄関棟、茶室、庭園からなります。

地図

三井家は慶長年間に商人として高俊が屋号越後屋として創業したのに始まると
されています。
高俊の四男である高利が呉服商越後屋から両替商を初め事業を拡大し、
三井家の総領の座を確立し、三井財閥として発展していきました。

この旧三井家下鴨別邸は三井家北家の別邸として第10代三井高棟によって
建築された別邸だそうです。
三井家の祖霊社である顕名霊社(あきなれいしゃ)が明治42年に遷座され、その参拝
の休憩所として大正14年に建築されたのが現在の別邸で,玄関棟、主屋、茶室が
現存しています。 当時は参拝の休憩にのみ使われていて、宿泊場所ではなかったようです。

広大な敷地に3層の和建築で全体的には簡素な造りがなされ、随所にこだわりの
衣装が見られます。

玄関


建築に当たっては木屋町三条にあった三井家の別邸が主屋として移築されたそうです。

この木屋町三条にあった別邸にはかって、三井高棟の養父である9代当主の高朗の
隠居所であったそうです。

全体的には書院造りがとり入れられ、天井が高くゆったりとしています。

1階は八畳と六畳の座敷で障子の桟が凝ったつくりがなされています。
窓が広くてお庭の景色が全体にみられ、広々とした感じがいたします。

主屋

内玄関に置かれている衝立の障子が開け閉めでき、障子の下は紅葉や桜の
彫りが施されてお洒落な衝立が置かれています。
衝立の前側には一輪挿しがおけるように工夫されています。

内玄関

2階は十四畳の座敷

主屋2

欄干

洗面所などは洋風となっていますが、お風呂は木のお風呂です。
、3階は望楼となっています。
3階の望楼は360度パノラマの景色を見ることができる素晴らしい眺めです。

主屋全体2

別棟となっているお茶室です。 今回公開はされていませんが、お茶会も
できるそうです。

茶室

お茶室となりに置かれている棗型の手水鉢、随分背の高い手水鉢です。

手水鉢

庭園3

お庭がとても広くて滝組もなされています。
今の時期は冬枯れで芝も赤くなっていますが、6月頃には芝の状態も新緑で
素晴らしい眺めとなることと思われます。

庭園2

灯籠

池に写る建物の景色も晴れの日は素晴らしいです。

庭園

三井家の家紋「四つ目結」です。

家紋



この三井家下鴨別邸は昭和24年京都家庭裁判所に譲渡され、以降平成19年迄
家庭裁判所の所長宿舎として使用されていました。

平成23年には国の重要文化財に指定され、京都市の管轄となり現在これを
後世に継承していくため修復をされています。

2階、3階が公開されているのは今回は3月6日迄となっています。

18 : 43 : 41 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<京の冬の旅 | ホーム | 涌出宮 居籠祭>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/757-7bef3960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |