端午の節供
2018 / 05 / 06 ( Sun )
藤森神社 駆馬神事

京都の伏見区(京阪電鉄「墨染」駅から7分位のところ)に藤森神社があります。

本殿

平安遷都以前からお祀りされているという古社で
御祭神は神功皇后以下計12柱がお祀りされていると言われます。
本殿は中御門天皇より正徳二年(1712)宮中賢所の建物を下賜されたと
伝えられています。
唐派風の屋根は杮葺きで流れ造りとなっています。

この藤森神社は菖蒲の節句発祥の地とされ、端午の節供で飾られる武者人形
には藤森の神が宿るといわれます。

菖蒲の節句発祥の地

この菖蒲の節句は勝負の神様、馬の神様とも崇められ、毎年5月5日には
駆馬神事が行われます。

絵馬

今年も好天に恵まれ、午後1時から第1回目の神事が行われますが、1時間前
から境内は一杯の参拝客で賑わっていました。

駆馬神事は、古来早良親王が天応元年(781)に陸奥の反乱に対し、征討将軍の
勅許を受けて藤森神社に出陣祈願したのを模したものと言われます。
速さを競うものではなく、戦場で敵を交わす妙技で、江戸時代中期以降大陸系の
曲芸的な馬術の影響を受け、明治時代より氏子に伝承されてきました。

昭和58年には京都市登録の無形民俗財に指定され1200年の古来より伝わる
伝統行事として毎年行われています。

先ずは馬場のお祓いが宮司様によって行われます。

お祓い

出走馬のお目見えです。
今日は紫の綱をつける馬が大変気性が荒く いきりたっていました。

お渡り

ちびっこで将来の騎手になろう可愛い子供騎手も参列します。

ちびっこ

始まりのふれ太鼓が打たれます。

太鼓

大切な役割、行司の合図で馬が出走いたします。 
そしてここが終点となります。
全力疾走してきた馬はここで急ブレーキをかけます。

終点

当日披露される技には
 手綱潜り   敵矢の降りしきる中を駆ける技
 逆乗り     敵の動静を身ながら駆ける技
 矢祓い    敵を打ち払いながら駆ける技
 横乗り     敵に姿を隠して駆ける技
 逆立ち    敵を嘲りながら駆ける技
 藤下り     敵矢が当たったと見せて駆ける技
 一字書き   前線より後方に情報を送りながら駆ける技

騎手6

騎手7

騎手8

騎手9

騎手10

等が行われます。 
そこには大変危険があり、馬の調子にもよって騎手が様子を窺いながら披露されます。

落馬もありました。幸い大事には至らなかったのでよかったです。

大変勇壮なお祭り、「駆馬神事」は迫力満点です。
関係者の方々は事故がないようにと非常に神経を使い、この伝統行事を5日は2回
披露されました。

あまりにスピードが速いので写真撮影は大変です。
17 : 22 : 50 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 京の桜便り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/760-5ae9ab07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |