祇園祭
2018 / 07 / 02 ( Mon )
祇園祭 くじ取り式

7月2日は祇園祭のくじ取り式

式次第


京の三大祭りの一つでユネスコ無形文化遺産に登録されている祇園祭は
7月1ケ月かけて行われる厄除け神事です。

くじ取り式は祇園祭で神事の先払いとされている山鉾の巡行の順番を
決めるための大切な行事です。

その昔山鉾巡行の先陣争いが絶えず、応仁の乱以降明応9年(1500)
よりその先陣争いを避けるために始められました。
今年はその回を重ねる事518回目を迎えました。

江戸時代には雑色(京都所司代に属して京都の行政、警察、司法の補助を
する人)立合いのもと六角堂で行われ、京都所司代の花押等のあるくじが
渡されたと説明にありました。
場所は明治以降は府庁、同32年から市役所に変わり、戦後一時期八坂神社
となりましたが、昭和28年からは京都市会議場で行われるようになりました。
そして日程も7月2日と決められています。

京都市役所は1927年竣工で政令指定都市の市役所では一番ふるくからある
建物です。
設計は武田五一、中野進一氏によるものです。
平成31年には京都市会誕生130周年を迎えます。

議場

議場2

議場3

このくじ取り式が一般公開され見学してきました。

くじ取り式には、京都市長、八坂神社宮司、始め山鉾連合会会長、清々講社幹事長
祇園祭関係者の多くの方の出席のもと33基の山鉾の代表者が紋付き袴姿で出席
され午前10時から行われました。

籤取式

籤は慎重にその数の確認が行われ、あらかじめ籤をひく順番をきめるよび籤取
が行なわれていて、その順番に従って籤がひかれます。

籤取式2

籤取式3

籤は巡行する33基の山鉾のうちでくじ取らずの
長刀鉾、函谷鉾、放下鉾、岩戸山、船鉾、橋弁慶山、北観音山、南観音山、大船鉾
以外の山鉾が籤をひきます。

山壱蟠

今年の先祭りの山一番には蟷螂山が、後祭りでは黒主山が決定しました。

山一番は長刀鉾の次に巡行するので一番をひきあてると、会場から「ほお ~」と
羨望の声がかかります。

鉾第壱番 鶏鉾

さあこれで巡行の順番が決められ、愈々祭り本番へと突入いたします。
23 : 00 : 14 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<世界遺産 二条城 | ホーム | 東北の旅3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/764-d9d6eac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |