FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
東北の旅4
2018 / 07 / 22 ( Sun )
東北の旅4
  三沢駅~八戸 (櫛引八幡宮)~東北エモーションで久慈~盛岡(


東北の旅№4は三沢駅から青い森鉄道で八戸へ。

八戸では南部一之宮といわれる櫛引八幡宮へ
櫛引八幡宮は平泉合戦で戦功をたてた南部家初代の光行が創建した神社
と伝えられています。

源頼朝から青森岩手北部の広大な土地を拝領して神託により
櫛引村を社地とし貞応元年(1222)社殿を造営、南部領総鎮守として
創建されたと伝えられます。

櫛引八幡宮鳥居

本殿は重要文化財に指定されています。

櫛引八幡宮本殿

国宝館には鎌倉末期の
 赤糸縅鎧と白糸縅妻取鎧が展示されています。
 緻密な括りや塗技法等素晴らしいものでした。

境内には杉の大木が沢山みられ、連理の3本杉や夫婦杉が堂々と
そびえています。

夫婦杉2

櫛引八幡宮に伝わるカッパ伝説
八幡様の使いの鷹が、メドツ(河童)が勝手に暴れないように押さえつけている
通常本殿には縁起のいい鳳凰や龍、獅子などの彫刻がみられるが、何故か
こちらにはカッパ(妖怪)が彫刻されています。

カッパ(メドツ)

又日本三駒と言われる八幡馬の置物も有名です。
その昔、馬に乗ってお嫁入りした際に馬を飾りたてたものを表現したとか
流鏑馬のときの馬の飾りを表現したものとか2説あるそうです。

櫛引八幡宮から根城跡へ

根城1

根城は南北朝時代に南朝方の武将南部師行が築城し、八戸統治の
拠点としたところだそうです。

お正月には大広間で武将が新年を祝う饗宴の様子が再現されています。

根城正月風景(大広間)

南部氏が支配していた広大の範囲が記されています。

根城 南部氏支配図

当時の建物は雪深い地で平城として築城された、安土桃山時代の
お城の面影を伝える貴重な史跡とされています。

納屋2

この後は八戸から東北エモーションというレストラン列車で久慈まで
東北エモーションは各個室となっていて、列車の中でお食事を戴くことが出来ます。

東北エモーション4

列車が走りだすと、各ブースにお食事が運ばれてきます。
先ずはリンゴジュースでさっぱりと気分爽快、食欲をそそります。

エモーション 食前酒

前菜は、甘海老のクリュ、ホタルイカ、柑橘とシナモン、クリームチーズ
かにとコブミカン じゃがいものフリット

エモーション前菜

メインディシュは豚肉ロースのロティ、味噌漬けベーコン アスパラガス、チーズ
エモーションメインディシュ

デザート プチフール(マドレーヌ、カカオのチョイール、フロマージュプランの
サパラン イチゴ)
プティフール

外の景色が流れていく中で素晴らしいひと時でした。

途中東北復興のお礼にと沿線の方が旗をふって感謝の気持ちを
あらわしておられました。
まだまだ復興途中で皆様必死に再起をかけ頑張っておられる姿を
再確認し、応援の気持ちを強くもちました。

震災復興

この日の宿は盛岡です。
14 : 16 : 28 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<東北の旅5 | ホーム | 世界遺産 二条城>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/766-8a7c83b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。