FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
東北の旅5
2018 / 07 / 22 ( Sun )
東北の旅5
 盛岡~平泉  毛越寺、中尊寺、達谷窟毘沙門堂へ


平泉の地は平安時代後期に豪族藤原清衡を父とし、その子基衡、
孫の秀衡と三代にわたりおよそ100年間奥州文化を築いたところです。

平泉に到着すると、駅前から15分間隔で毛越寺、中尊寺、高館義経堂、無量光院跡
など8か所をめぐる巡回バス”るんるん”が出ています。
一日フリー乗車券を買って、まずは毛越寺から出発です。
毛越寺、中尊寺は平成23年(2011)に世界文化遺産に登録されています。

毛越寺山門

毛越寺は創建当時は金堂円隆寺をはじめ嘉祥寺、講堂、常行堂、南大門など
の堂宇が立ち並びその前庭に大泉が池を中心に浄土式庭園が配置される
広大な寺院であったと伝えられています。

毛越寺の由来には白鹿伝説があります。
嘉祥3年(850)慈覚大師が東北を巡遊の時、この地にさしかかると、あたり一面に
霧がかかり前が見えなくなりました。
そんな時、ふと足元をみると点々と白鹿の毛がおちていました。大師はその毛を
辿っていくと前方に白鹿がうずくまっていました。
大師が近づくと白鹿は姿を消してしまいました。やがてどこからとなく白髪の老人
があらわれこの地に堂宇を建立して霊場にせよと告げました。
大師はこの老人こそ薬師如来の化身と感じ、一宇の堂を建立し、嘉祥寺と号しました
これが毛越寺の起こりとされていると記されています。

毛越寺本堂


現在は多くの堂宇は焼失してしまいましたが、当時の堂宇、回廊の基壇、礎石、土塁
等が遺されていて、平安の伽藍様式、浄土庭園を知る貴重な遺構とされています。

毛越寺庭園1

大泉か池は雨で緑が一段ときれいで池面の浮かぶ龍頭船が絵になります。

龍頭船

あやめが池にはちょうどあやめが咲いていました。
あやめが池

地蔵菩薩も鎮座しています。
地蔵菩薩


中尊寺

中尊寺はバス亭から金色堂までは可なりの坂道を上っていきます。

藤原清衡が造営したが度重なる火災で多くの堂塔が焼失したが、金色堂だけは
創建当時のまま残され、堂内には藤原氏四代の遺体が納められているそうです。


中尊寺

金色堂は昭和37年(1962)解体修理が行われたが、その材料の中には現代では再現できない
ものもあったとか、痛みが激しく修復に困難を極め修復に当たった方はこれは修理か破壊か
と疑問視せざるをえない場面もあったとか。
そこには相当の苦心、苦労があったようで、それを乗り越え又今日燦然と輝く金色堂へと
復活をはたしました。

金色堂
(パンフレットより)
金色堂が世界遺産に登録されたのは東北大震災の3ケ月後、中尊寺では震災直後より
物心両面での支援を続けてこられたと報道されています。
藤原清衡が念願としていた、人々が助け合う、支え合う浄土思想の実践がこの東北で
行われていることを感じました。

達谷窟毘沙門堂

達谷岩屋毘沙門堂 山門

達谷窟毘沙門堂は延暦20年征夷大将軍坂上田村麻呂の創建と伝えられています。

境内は神域として古くから殺生の禁断地とされ、動植物の採取、煙草・飲食の行為
犬猫を伴っての参拝は堅く禁じられているされています。
大変厳密なお寺です。

毘沙門堂は寅年の守り本尊、多くの御利益があるそうです。

毘沙門堂は懸造りとなっていて、大きな岩肌に面して建てられています。
御堂床下の広い空間は、昔から諸国行脚の聖や山伏、乞食などが休める安住の宿
として、また合戦に敗れたもののふが身を隠し、再生し生まれ変わっていく場として、
また祖先の霊があの世から還って集う聖地として、現在も人が立ち入ることを許さない
禁足地とされているので注意しなければなりません。

懸け造り

岩面に大仏様が刻まれていますが、大仏様は極楽の仏様とされているそうです。
この大仏様は高さ16.5m、顔の長さ3.6m 肩幅9.9mもあり、全国で五指に入る大像
といわれています。

その昔、陸奥の守源義家公が敵味方の諸霊を供養するために馬上より弓張をもって
彫りつけたと記されていました。
岩面大仏2

6月8日から3泊4日の東北の旅でしたが、今回は天台宗関連の寺院を中心に
中身の濃いすばらしい旅となりました。
17 : 13 : 58 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<京の伝統野菜料理  | ホーム | 東北の旅4>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/767-d2c209d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。