FC2ブログ
御室 仁和寺
2018 / 12 / 03 ( Mon )
御室 仁和寺 特別拝観

御室とは天皇がお住まいされたところ(僧坊)のことをいいます。仁和寺があるところはこの
御室が地名となっております。

三門


仁和寺はユネスコ世界文化遺産に登録されています。
山号を大内山と号し、真言宗御室派の総本山にあたります。
仁和4年(888)宇多天皇が父上に当たる光孝天皇の遺志を継いで建立されました。

仁和寺にある金堂は慶長18年に建立された御所の紫宸殿を寛永19年~21年にかけて
移築されたもので、仁和寺の中では最も重要な建物とされ、現在は国宝に指定されています。

金堂

移築された紫宸殿の内部には新たに板扉が設けられ、内陣と外陣が
分けられ寺院の様相がつくられました。

内陣には阿弥陀三尊像が安置され、その後壁や柱、長押には仏画が
描かれています。
後壁には西方極楽浄土の世界を、六本の柱には四八体の尊像が
画かれ金堂内が一段と荘厳さを感じさせられます。

今回第51世門跡様の晋山記念としてこの金堂の裏堂に描かれている
五大明王像の一般公開が初めて372年ぶりに12月16日迄開催されています。

五大明王壁画公開

金堂裏堂は今まで一度も公開されたことがなく、しかも日の当たらない
暗闇であったのでその状態は非常にきれいで、鮮やかです。

五大明王は
 金剛薬叉明王・・・一切の苦しみや悪、煩悩を噛み砕き呑み込んで
             しまう。 不食、拒食の人に霊験あらたか
 降三世明王・・・・ 降三世は過去・未来・現在を示し、この三世の煩悩を
             降す。
 不動明王・・・・・・ 五大明王の中心となる明王
             地獄に落ちないよう戒め導く明王
 軍茶利明王・・・ 悟りを妨げる魔をを除く 結界を司る
 
 大威徳明王・・・ 六面六臂六足(六つの顔、腕、足)に描かれ
            善人に悪意を抱く者や、危害を加えようとする者を
            懲らしめ、悪人の呪縛を解き、悪夢を消滅し、悪病を
            除く

向背の火炎の朱がとても鮮やかで迫力がります。

中門を通り抜けて、金堂に至るまでの両サイドには紅葉が一段と
色鮮やかさを増して晴天の青空と色のコントラストが素晴らしいです
しばし紅葉をお楽しみください

紅葉1

正面に金堂がみえます。

紅葉3

紅葉4
             
紅葉5

紅葉6

紅葉7

五重塔は春は桜の借景となり、秋は紅葉の借景となります。

五重塔

真紅とはこのような色をあらわします。

紅葉8

今年の台風21号で京都の各社寺では倒木が沢山あり被害も大きかった
ですが、それでも季節の移ろいとともに今年も見事に色づき秋の風情を
楽しませて頂くことができました。

12 : 23 : 14 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<京都駅 | ホーム | 大覚寺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/773-e000a124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |