FC2ブログ
師走の風物詩 「顔見世」
2018 / 12 / 23 ( Sun )
南座に師走の風物詩「顔見世」が戻ってきました

南座

四条大橋東詰めにある南座は元和年間(1615~24)に幕府から官許された
七か所の常設芝居小屋ののうちの一つで、その後これらの芝居小屋のいくつ
かは焼失したりして、幕末のころには、北座と南座のみが残り、さらに明治26年
には北座も廃業となり、唯一南座のみとなりました。

現在の南座の建物は昭和4年(1029)に桃山風意匠の鉄筋コンクリート造り
5階建が建設されました。平成3年には桃山風の外観をのこして改修工事が
行われ、平成8年には国の登録有形文化財に指定されています。

南座2

しかし耐震の基準が不備とのことで平成28年から3年かけて耐震工事が
行われ、その間、年末の顔見世は、祇園甲部歌舞練場や、先斗町歌舞練場
ロームシアターと点々場所をかえて開催されてきました。

南座天井

今年漸くその工事が終了し、11月には東西歌舞伎俳優の方々がそろい踏みで
松本白鴎、幸四郎、染五郎の襲名披露をかねたお練りが、南座から八坂神社まで
行われ一挙に賑々しくなりました。

まねき1


京の師走の風物詩「顔見世」も今年は2ケ月にわたってロングランで開催されて
います。

まねき2


12月の顔見世は
 午前の部は 菅原伝授手習鑑、鳥辺山心中、ぢいさんばあさん、恋飛脚大和往来

で私は夜の部に行ってまいりました。

演目3

義経千本桜 三段目(木の実、小金吾討死、すし屋)の場面 
いがみの権太を片岡仁左衛門さんが、三位中小維盛を中村時蔵さんが扮し
熱演されました。平の維盛が親子3人落ち延びていく姿をえがいたもので、
仁左衛門さんの権太の演技がすばらしい。
やくざ者ではあるが、情のこまやかさ、格好よさは流石に人間国宝の演技
かと見とれてしまいました。

演目5

第二幕の長唄「面かぶり」は鴈治郎さんの舞踊
 衣装の早変わりも艶やかでお客を引き付ける舞踊は見ごたえがあります。
 鴈治郎さんは12日にロームシアターで開催された京都文化力プロジェクトで
 歌舞伎のもつ文化力についてのお話も軽やかに語りかけておられました。

第三幕は弁天娘女男白波では
 今歌舞伎界で中堅の実力者による白波五人衆を 片岡愛之助、中村芝翫さん等
 いなせな五人衆の口上が披露されました。

演目4


第四幕は三社祭り
 清元の舞踊で、これがまた何とも小気味のいい、素晴らしい出し物でした。
 仁左衛門さんの孫で千之助さん18歳、中村富十郎さんの長男中村鷹之資さん
 19歳という若さ。
 明治39年以来顔見世の出し物の主役で10代が努めるのは初めてとか。

 二人とも息の合った一糸乱れのない躍動感あふれる舞踊は途切れることなく
 見ている人の瞬きもさせないくらいすばらしいものでした。

丁度私が座っていた座席のすぐお隣から、大向こうが飛びかいました。
「松嶋や!!」「成駒や!!」 その間合いがまた面白く。
顔見世のまた違った楽しみ方を味わうことができました。

片岡秀太郎

そして23日には片岡秀太郎さんが京都文化博物館開館30周年を記念
して「片岡秀太郎の歌舞伎ばなし」にご出座され、歌舞伎の四方山ばなしを
披露されました。
来年は喜寿を迎えられるそうですが90分間、笑いあり、エピソードあり
会場200名の方を最後まで飽きさせることなくお話の中に誘い込み
素晴らしいひとときでした。
同時に「女形ー片岡秀太郎」写真展も開催されていました。
専属の写真家堀出恒夫氏による写真展で、それは妖艶で女性以上に
しなやかで、目の使い方がすばらしい。流し目、睨み、情艶な目
これは男性が求める女性のまなざしが わかるゆえの芸なのでしょうか?
とても綺麗な写真展でした。

今年は歌舞伎をあらゆる角度から楽しませて頂くことができました。
19 : 10 : 45 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2019年の年明け | ホーム | 京都駅>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/775-0488d77a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |