FC2ブログ
世界遺産 醍醐寺
2009 / 02 / 23 ( Mon )
醍醐寺の五大力尊仁王会

醍醐寺 醍醐寺2

2月23日は”五大力尊仁王会”が醍醐寺で行われます。

五大力尊仁王会とは醍醐寺の祖師”理源大師聖宝”の遺訓により上醍醐五大堂
等において修行されている「仁王会式(にんのうえしき)」のことで
真言密教の大法儀で「七難即滅(ひちなんそくめつ)」「七福即生(ひちふくそくじょう)」
の一大祈祷を行う最上無比の権儀だそうです。
醍醐寺の最も大きい行事で一般には”五大力さん”として多くの信仰を集めています。


この大法会のご本尊「五大力尊」は「不動明王」「降三世明王」「軍荼利明王」
「大威徳明王」「金剛夜叉明王」の五大明王の総称で、この不動明王を信仰すれば昼夜
を問わず寄り添ってその身を守り、家を護り、あらゆる災難を払いご加護が頂けるといわれ

醍醐寺では23日の仁王会に先だち、2月15日から21日の7日間全山から集まった
お坊様1000人以上が堂に集まり合計21座の仁王前行が行われご祈祷された
「御影(みえい)」が当日23日限り授与されることになっています。

               御影

この御影のご利益を求めて全国から多くの方々が御参りに入山されます。

      力持ちくらべ

またこの五大力尊仁王会でもう一つ有名なのが”餅あげ力奉納”です。
力を奉納することによって五大力さんの霊験が授かると自然発生的に行われるようになったそうです。
当日女性は12:00から男性は13:00から醍醐寺金堂前にて

女性は90Kg、男性は150Kgの紅白のお餅を持ち上げた
時間をきそう力くらべが行われます。

                          おかげ餅

このお餅は「おかげ餅」といわれ、軽くてのひらでさわること
によって五大力尊の「健康長寿」の力が頂けるそうです。

沢山の”おかげ餅”が奉納されていました。

ちなみに今年は女性は18人、男性は46人が挑戦されました。

力持ち女性力持ち女性2

女性の過去の記録は7分46秒で今年は新記録が生まれ8分36秒の快挙でした。

力持ち比べ 男性

中には男性で今年は4回目の参加という方もおられました。
男性の過去の記録は12分04秒だそうで、今年新記録が生まれたのでしょうか?

この餅あげ力くらべは、しりもちをついたり、最後元に戻さないと失格となるそうで
持ち上げるにはコツがあるようです。
ちなみに今年新記録の快挙をなしとげた女性はスラットしたスマートな素敵な女性でした。


七峰会

又信仰のあつい方々がお参りされる七峰会はお不動さまの前でご祈祷が行われていました。

こうして醍醐寺の五大力さんの行事が終わるとやがてこの醍醐寺一体は春を向かえ太閤さん
の醍醐の花見で賑わうこととなります。




16 : 28 : 29 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<伝統芸能 | ホーム | 京の朝市>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/79-d39d4cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |