FC2ブログ
9月 名残の京料理
2019 / 09 / 07 ( Sat )
     蕎麦懐石 澤正

京都の東山区 泉涌寺の近くに剣神社があります。

剣神社鳥居

創建年代は不詳ですが、京に都が置かれた際に王城鎮護のため
都の巽の方角に宝剣を埋めて神殿が造営されたとも、また一説には
東山の鳥辺野一体は葬送の地で、昔に埋葬された鏡や剣が偶然発掘され
たのを神社として祀られたともいくつかの説があるようです。

剣神社

現在では子供の守り神「疳の虫封じ」にご利益があるとか、また
神経痛や吃音にもご利益があるとされています。

この剣神社のすぐ近くに、なかなか予約の取れないと言われる蕎麦懐石のお店
「澤正」があります。

澤正玄関

建物は以前は貿易商の方のお住まいだったそうです。 
和と洋の折衷された建物で随所にいろいろな工夫が凝らされています。

場所的には川沿いにあり、上からの下眺めますと谷底のような眺めになります。
春は新緑、秋には紅葉がとても綺麗な様相です。

窓からの風景2

窓にはステンドグラスがはめられています。

ステンドグラス

私達がお伺いした時は小間のお茶室でした。
床の柱は由緒ある神社からの古材を使用されているとか
なかなか難しい床柱でした。

床飾り

雰囲気として行燈は桜を表現したもので素敵でした。

行燈

襖は唐長さんの襖紙だそうです。

唐長 襖

天井の板は松で削り方が普通とは違います。材木を縦に削っているのです。

天井板

今日は9月1日 夏の名残の蕎麦懐石を戴きました。

この日はとても暑い日でしたので先ずは冷たいお水をいただきます。
グラスはハート型をしたグラスが出てきました。
ご主人の心遣いがとてもお客様の心をとらえます。

ハート型グラス

お料理は先ずは八寸(六種類)
お皿等は京焼きだそうです。

八寸

冷鉢は小芋まんじゅう 木耳 パブリカ 海老 しめじの蕎麦餡仕立て

冷鉢

小鉢は切子グラスに入れられていてとても涼しげです。

更級変わり蕎麦

揚げ物

揚げ物

いよいよメインのお蕎麦です。
二八蕎麦は手打ちでご主人が自ら朝から手打ちされているそうです。

二八蕎麦

特別にそばがきも2種類出してくださいました。
オリーブオイルで頂いたり、

そばがき

焼きそばがきはフランスの塩をつけて頂いたり、変化を楽しみます。

そばがき2

ご飯は茗荷の香を楽しむ工夫がこらされています。 それに赤だしです。

ご飯 赤だし

器に、グラス、スプーンにと随所におもてなしの心が籠められ
目で楽しんで、味で楽しんで、触感で楽しむお食事を堪能いたしました。

そば餅 そば短冊

15 : 49 : 27 | 京料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<観月の夕 | ホーム | 京の六地蔵めぐり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/791-06b0c393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |