FC2ブログ
伝統芸能
2009 / 02 / 25 ( Wed )
能楽囃子と西洋管弦楽との饗宴

日文研 日文研1

京都は西京区桂坂の山手に閑静な高級住宅街が並び眺めの素晴らしいところに
国際日本文化研究センターがあります。

創設準備室長 梅原猛先生が就任され昭和62年に大学共同利用機関として創設
されました。
平成7年には2代目所長に河合隼雄先生が就任されています。

能楽

國際日本文化研究センターでは「町づくり」「物づくり」「人づくり」「劇づくり」を行って
おられ、今日(25日)は日本の伝統芸能 ”能楽囃子”と”西洋管弦楽”
との新しい試みとして饗宴が開催されました。

日本の伝統文化は世界的に高い評価を受けていますが、現代の文化として
ではなく、あくまで伝統文化としてとらえられている。

現代の社会の中に活かすことを趣旨として保存するのではなく現代にうまく活かす
ことを目的に今回新たな試みとして開催に至ったと笠谷和比古教授の趣旨説明が
ありました。

gakki.jpg

能楽四拍子の
 笛   杉 信太朗氏、
 鼓   曽和 尚靖氏
 大鼓 谷口 有辞氏
 太鼓 前川 光範氏
による精鋭の囃し方四氏による。

作曲は武内基朗氏、

最初は能楽囃子の伝統的演奏3曲、引き続き西洋管弦楽(テープ)とのコラボレーション

管弦楽のバックグランドに能楽の囃子が演奏されるという協奏、初めてこの演奏を
聞きましたが、なんとも不思議な世界でした。
確かに能楽の世界は私たちにはなかなか難しいものがありますが、今後いろいろな
工夫が凝らされて、新しい能楽囃子が生まれてくるともっと親しみが生まれてくることと
今後を楽しみにしたいものです。

この国際日本文化センターでは他にも講演会やいろいろの催しも開催されています。

国際日本文化センターえは阪急桂駅下車、市バス西6 京都バス20で桂坂小学校前下車
徒歩5分くらいです。
21 : 16 : 31 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<上巳の節句 | ホーム | 世界遺産 醍醐寺>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2009/02/28 10:14 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/80-ec818a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |