FC2ブログ
上巳の節句
2009 / 03 / 03 ( Tue )
上巳の節句

  雛飾り

3月3日は上巳の節句と呼ばれております。
「雛祭り」として京の都ではいろいろな行事が行われます。
雛祭りは平安時代から平安貴族の子女が御所を模した御殿や飾りつけを
「雛あそび」として遊んだのが始まりといわれております。

その後武家社会から江戸時代には庶民にも広まり「雛祭り」として発展して
いったようです。

又紙で作った小さな人形を形代としてその人形に穢れを移し身代わりとして
川や海に流して災厄を祓う「流し雛」として現在も下鴨神社で行われています。

江戸時代初期は立ち雛や座り雛であったのが、その後十二単の装束を着た
「元禄雛」や「有職雛」と豪華な雛飾りが作られるようになっていったようです。

子供達は雛祭りのご馳走を楽しみにし、

  灯りをつけましょ ぼんぼりに
  お花をあげましょ 桃の花
  五人囃子の笛太鼓  きょうは楽しいひなまつり

と歌いながら楽しみます。

ひちぎり  ちらし寿し

てっぱい カレー

雛祭りには  
  白酒・・・・・からだから邪気をはらう
  草餅・・・・・よもぎの香りが邪気や毒気をはらう (写真のお菓子はひちぎり)
  菱餅・・・・・3色(白・・雪の大地、青・・木々の芽吹き、赤・・生命)が自然の
(ひなあられ)   エネルギーを授かり健やかに成長することを祈る
  ハマグリ・・・合わせ貝が将来の良縁や節操を願う
  笹かれい・・・この頃の笹かれいは子持ちでお腹がピンク色になり子宝に恵まれる

 などをお供えして子供の健やかな成長を願います。

紅梅 白梅

           したれ梅

この頃は北野神社の紅梅、白梅、しだれ梅は満開となっております。

今日は雪模様の寒い雛祭りでしたが、暖かい日もあり春は真近です。

雛祭りの行事は市比賣神社や宝境寺(人形寺)などでも行われています。
23 : 38 : 18 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<京都シティーハーフマラソン | ホーム | 伝統芸能>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/81-7693bd50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |