FC2ブログ
随心院
2009 / 03 / 19 ( Thu )
随心院

随心院

小野小町ゆかりのお寺が山科区にありその名を牛皮山随心院といいます。

東西線の小野駅から徒歩5分くらいのところにあり真言宗善通寺派の大本山

その昔この付近はこの地方の勢力者小野一族の土地であったそうで随心院境内は
小野小町の旧跡と伝えられ、かって小町は境内の「小町化粧の井戸」のあたりに
住まいしていたと伝えられています。

ご本尊は如意輪観世音菩薩で正暦2年(991年)弘法大師より8代目弟子の仁海僧正
が当地に牛皮曼荼羅を祀って曼荼羅寺として開基したが承久の変で焼失してしまった
その後5世増俊阿闍梨の時に随心院を建立、第7世新厳大僧正が寛喜元年(1229年)
後堀河天皇より門跡の宣旨を受け門跡寺院として今日に至っているそうです。

隋心院梅圓   梅

鶯  はねずおどり

             随心院梅1


この随心院には小野梅園があり紅梅、白梅が今満開となり
梅の香りが漂っております。

この紅梅のような薄紅色を古くは「はねず」といいこちらの梅もはねず梅と呼ばれています。

毎年3月の最終日曜日にこの境内で「はねず踊り」が催されています。
この踊りはいつの頃から受け継がれてきたかは定かではないそうですが、50年前ころには
「はねず」の咲く頃里の子供達が近くの家を尋ねて門前で踊っていたことから、それが衰退
することを希う人々によって昭和48年「はねず踊り」が復活されたようです。
今年も3月29日に11時、12時半、午後3時と催される予定です。

小町井戸 小町井戸2

           歌碑

又境内には小町の「化粧の井戸」「歌碑」「文塚」深草少々をしのんだ「ケヤキ」などもあります。

随心院へは東西線小野駅より徒歩5分、京阪バス小野駅より徒歩1分。
11 : 00 : 01 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<木蓮 | ホーム | 花灯路>>
コメント
----

こんばんわ
やはり京都の梅の殿をつとめるのは
ここ随心院ですね。
私も日曜日に行きました。
まだ七分ながらいい香りでしたよ。
TBさせてもらいます^^
by: 松風 * 2009/03/19 21:12 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/86-103fa565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |