FC2ブログ
桜便り
2009 / 04 / 07 ( Tue )
桜花爛漫の京の都(Ⅰ)

今、まさに桜花爛漫の様相を呈している京の都
幾通りかのお花見ルートをご紹介して参ります。

 高台寺 ~ 円山公園 ~ 祇園新橋 ~ 高瀬川 のご案内

高台寺 高台寺2

ねねの道

京都東山下河原にある臨済宗建仁寺派の高台寺は正式には鷲峰山高台寿聖禅寺
といいます。慶長11年(1606)に豊臣秀吉の供養のため正室北政所(高台院)が
徳川家康の援助を受けてご本尊を釈迦如来として創建されました。
重要文化財指定の開山堂や霊屋、表門、観月台、傘亭、時雨亭などを有するお寺で
春は桜、秋は紅葉と京の都ではいち早くライトアップを実施され多くの参詣者で
賑わいをみせています。 こちらの枝垂れ桜は見事に咲きました。


霊山観音


高台寺の隣には第2次大戦の死者をまつり昭和30年に建立された霊山観音が見えます。
高さ24mのコンクリート造の白衣観音坐像で優しいお顔の観音坐像の台座の中には
十二支の守り本尊が安置されているそうで。

八坂の塔

さらに目を南に向けると八坂の塔が見えます。
聖徳太子が創建したといわれるが現在の八坂の塔は永享12年(1440)足利義教が
再建したといわれ塔の高さ46mあり最下層には五智如来が安置されています。

円山しだれ桜


長楽館1 長楽館2

高台寺”ねねの道”を通って円山公園へ、

現在2代目の枝垂れ桜が見事に開花しています。しかし近年この2代目の枝垂れ桜も
老木となり、土が踏みつけられて固くなり根を弱らせれ少し元気がなく小さくなりました。
それでも染井吉野や紅枝垂れの桜が沢山あり、夜桜見物に以前は新入社員が場所取り
に奔走し、一時の和やかな盛り上がりを見せる市民の憩いの場でもあります。
円山公園内には京都市指定文化財の明治期の建物"長楽館”があります。


円山公園から四条通に出て花見小路の新橋を西に入ると巽橋へ出ます。

白川1 吉井勇歌碑

花嫁 撮影会



京の最も京らしいお茶屋さんが並び白川沿いの風情を醸し出す桜並木があります。
よく映画の撮影にも使われる辰巳神社、歌人の吉井勇が詠んだ

  かにかくに 祇園は恋し 寝るときも 枕の下を水のながるる  の歌碑が
川沿いに建てられています。 桜の咲き誇る日に舞妓さんの撮影会も催されます。


この白川沿いを出て四条大橋を渡ると高瀬川に出ます。

高瀬川 高瀬川2


角倉了以

この高瀬川は大堰川の開削でも名高い角倉了以と素庵父子によって江戸時代の
初期(1611年)に京都の中心部と伏見を結ぶ物流用運河として開削され、以後
大正9年まで約300年間京都ー伏見間の水運に用いられていました。
明治27年に琵琶湖疎水ができ物流の減少などにより大正9年に水運は廃止されました。
今は歓楽街tなり桜並木が鴨川畔とともに続きます。

瑞泉寺

高瀬川沿いの三条辺りに慈舟山瑞泉寺があります。

浄土宗西山禅林派のお寺で豊臣秀次一族の菩提を弔うために建立されたとあります。
文禄4年7月に高野山において自害させられ、次いで8月には幼児や妻妾たち39人が
三条大橋西畔で処刑されその場に埋葬、石塔が建てられたが鴨川の氾濫で荒廃した。
慶長16年(1611)角倉了以が高瀬川を開削中に墓石がでてきて発堀してその地に
堂宇を建立し秀次の法号瑞泉寺殿をもって瑞泉寺と名づけたと伝えられております。

今まさに爛漫の京の中心街の”桜便り”をご紹介いたします。
17 : 25 : 25 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<桜便り | ホーム | 堀川>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/90-67ab519c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |