FC2ブログ
桜便り
2009 / 04 / 10 ( Fri )
桜花爛漫の京の都(Ⅳ)

市中の桜の名所

 京都御苑 ~ 平野神社 ~ 今宮神社 ~ 建勲神社 をご紹介します。

P40701291.jpg  P40701261.jpg

                   P40701251.jpg

烏丸通りの丸太町を上がると東側一帯は京都御所
明治2年東京遷都が行われてから周辺の公家屋敷等が取り壊され一角は御苑となりました。
当初宮内庁の所管で東京の皇居外苑や新宿御苑とともに国民公園となり四季折々の樹木
が植えられ散策やジョギングなど市民の憩いの場所となっております。
今は小手鞠や桜が咲き競っております。

御苑から今出川に出て西大路を北に上がると平野神社が見えてきます。

P40701491.jpg  P40701371.jpg

P40701461.jpg  P40701421.jpg

P40701411.jpg  P40701351.jpg

P40701361.jpg

平野神社は明治4年には官幣大社に列格されている神社で
平安遷都の際に平城宮の田村後宮から長岡京を経てこの地に移されたといわれ
拝殿は慶安3年(1650年)東福門院の建立で南門は慶安4年御所の旧門を下賜
されたものだといわれております。
本殿は寛永年間の建築で比翼春日造、または平野造と呼ばれています。
江戸時代「平野の夜桜」といわれるくらい桜の名所として全国に知られ珍種も多く
現在でも約50種類約400本が植栽されているそうです。
まさに満開の今、桜のトンネルの中にいるようです。能舞台ではハープとチェロの演奏が
行われていました。
4月11、12日には桜祭りが開催されます。

平野神社から北に上がり北大路に出東に行くと今宮通りへ出ます。

P40902211.jpg  P40902021.jpg

こちらには今宮神社があります(別名紫野社ともいわれます)。
正暦5年平安京に疫病がはやり、これを静めるために御霊会が行われ船岡山に
創建された疫病鎮護の神社が起こりとされています。
明治29年に本殿は焼失しましたが、明治35年に再建され西陣はじめ多くの人の
崇敬を集めています。


P40901991.jpg  P40902011.jpg

毎年4月の第2日曜日に行われる”やすらい祭り”は京の三大奇祭とされています。
     (鞍馬の火祭り、広隆寺の牛祭り)
光念寺から今宮神社まで祭鬼にふんした氏子が「やすらい花や」と囃子ながら
笛、笙、太鼓の音にあわせて鬼が踊り狂い、花笠の中に入ると厄逃れが出来る
といわれています。

P40902031.jpg  P40902071.jpg

境内に「阿保賢(あほかしこ)さん」と呼ばれる石があり、三度叩いて持ち上げ
ると重くなり、願いを込めて三度撫でて持ち上げるて軽く感じれば願いが叶うと
いわれております。 是非お試しを!

P40902151.jpg  P40902121.jpg


P40902131.jpg  P40902161.jpg

東門を出た両側に”あぶり餅屋”さんがあります。
市和さんとかざりやさん、どちらも同じあぶり餅屋さんです。
竹串にさした小さなお餅を備長炭で焼いたものを秘伝の味噌たれをつけた京餅菓子
どちらのお店も日本で最も古いお菓子屋さんとも言われているそうです。
あぶり餅に使われている串は今宮神社に奉納された斎串を用い病気平癒や
厄除けのご利益があるといわれております。
 一皿 500円でした。


P40901901.jpg  P40901911.jpg

                P40901931.jpg

今宮神社から北大路通に出ると向かい側に建勲神社があります。
明治2年信長公の偉勲をたたえ、明治天皇の勅命により建立されたもので別格官幣社
格式の高い神社です。
織田信長が始めて入洛した日を記念して10月19日には「船岡祭」が開催されます。
また6月30日には”茅の輪くぐり”が行われ和歌を唱和しながら無病息災を祈ります。

23 : 37 : 42 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<桜便り | ホーム | 桜便り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/93-c7376dbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |