FC2ブログ
長岡天満宮
2009 / 04 / 26 ( Sun )
”きりしまつつじ”の長岡天満宮

       天満宮

菅原道真公が生前在原業平らと詩歌や管弦をしばしば楽しまれたといわれる
ゆかりの地で、道真公は次第に権勢を強めたが故に誣告を受け大宰府に左遷される
時にこの地に立ち寄り「わが魂、長くこの地にとどまるべし」と名残を惜しまれた
ところから、道真公の没後家臣たちが聖廟を建て自作の木像をお祀りしたのが
長岡天神の始まりだそうです。

鳩 通橋

江戸時代始めには八条宮智仁親王が社地を整備され社殿の東に八条ケ池が灌漑用水
をかねて造営されました。

きりしまつつじ1  つつじ3

この八条ケ池の中堤の両側には樹齢百数年のきりしまつつじが多数植えられて、
その見事さはわが国随一といわれるくらいだとか。

長岡天満宮の本殿は昭和16年に平安神宮の本殿が移築されたものだそうです。

つつじ2  つつじ5

つつじ4  錦水亭



このきりしまつつじは今満開です。燃えるような真っ赤なつつじが加賀の前田公が
寄進されたと伝えられる太鼓橋の両側に一杯の花をつけています。

池の向こうには筍料理で有名な料亭もあります。

長岡の地は砂地でもあるところから毎年立派な筍の産地としても名高いところです。

長岡天神へは阪急京都線で長岡天神下車 徒歩10分のところにあります。
この時期は多くの観光客や参拝者で時間ぎりぎりまで散策を楽しまれています。

又29日にはきりしまコンサートも催されるようです。

このきりしまつつじは5月の連休くらいまで楽しめそうです。
15 : 39 : 07 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<平等院 | ホーム | 乙訓寺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/99-f5933cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |