FC2ブログ
大覚寺
2018 / 12 / 02 ( Sun )
大覚寺(戊戌開封法会)

京都市右京区嵯峨大沢町にある大覚寺は正式には
「旧嵯峨御所大覚寺門跡」といいます。
真言宗大覚寺派の本山で心経写経の根本道場とされています。
その昔、平安時代 ここに嵯峨天皇の離宮”嵯峨院”が建立されたところで、
嵯峨天皇の皇女正子内親王が清和天皇に上奏され大覚寺と改められました。
初代住職には嵯峨天皇のお孫さんに当たる恒寂入道親王が就かれました。
このことから大覚寺は格式の高い門跡寺院といわれております。

門前ぶろぐ

この大覚寺には嵯峨天皇が弘仁9年(818)の春に都で大旱魃から全国に疫病が蔓延し、
た時、その状況を憂慮され弘法大師の勧めによって疫病退散を願い、一文字書く度に
五体投地という礼拝を三度しながら般若心経を淨書されました。

その写経が完成し、弘法大師が護摩供養されると、たちまち疫病が治まり都に安寧が
もたらされたことから、この嵯峨天皇の写経を霊経として心経殿に勅名により封印され
奉安されてきました。

この写経は写経された年の干支が戊戌(つちのえいぬ)であることから、以来60年に
一度だけ心経殿が開封され、関係者の方によって法会が行われてきました。

今年はその60年目を迎えることとなり、しかも写経がなされてから1200年という記念の
年に当たることから、二度とないこの歴史的瞬間を広く一般に公開されることとなり
10月~11月末まで公開されてまいりました。
毎日大型バスを連ね檀信徒の方は勿論、一般の方も大勢が参拝されました。

玄関ブログ

式台玄関(大玄関)は江戸時代に京都御所より移築されたもので、特別なお客様のみ
お入りになる玄関となっております。

丁度嵯峨菊が満開となっております。
嵯峨天皇は平安時代の初め大沢池の菊ガ島に咲く菊を手折られ花瓶に挿されたところ
その形が「天、地、人」の三才のうつくしさであったところから、後世花を生けるときはこの
形を範とするべしと仰せられた処から「嵯峨御流」の華道が誕生したと伝えられています。
その嵯峨菊は可憐で愛らしく高貴な菊です。

唐門ブログ

勅使門は天皇陛下が行啓される時のみ開封される門です。
手前の少し高くなっている部分は石舞台です。
かってこの場所に大覚寺の本堂である五大堂がおかれていましたが、大正天皇の即位の
時の饗宴殿が御影堂として移築されることになり、勅使門の正面に御影堂を建てないと失礼に
当たるということから五大堂が池川に移築されました。
その五大堂の基壇の跡に現在は石舞台として使用されています。

紅葉3ブログ
五大堂からお庭を眺めてみますと丁度紅葉が真っ盛りでした。

大沢の池ブログ

早朝の大沢池は静かで護摩堂廻りの紅葉がきれいに湖面に映し出されています。
大沢池の周囲は1kmあり、日本最古の庭園池とされ、中国の「洞庭湖」を模して造られた
ところから庭湖とよばれます。
池の畔には心経宝塔や石仏、名古曾の滝跡などがあり国の名勝地になっています。
名古曾の滝はかつて藤原公任が
 滝の音は 絶えて久しくなりぬれど なこそ流れて なお聞こえけれ
と歌を詠んでおられます。

大瀑池ブログ

丁度紅葉も今が見ごろとなっています。
嵯峨天皇の霊経の1200年記念開封法会に参拝して京の都が平成最後の年を
恙なく終えられ又飛躍の新たな年を迎えられることを祈念いたしました。
17 : 25 : 56 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
時代祭 行在所祭
2018 / 10 / 29 ( Mon )
行在所祭(時代祭)

平安神宮前整列

平安神宮は桓武天皇が京に都を遷され平安京が誕生してより、
遷都1100年を記念して明治28年(1895)に桓武天皇を御祭神として
創建されました。

その後昭和15年には、幕末の動乱期を乗り越え近代日本へと導かれた
孝明天皇を合祀されました。

時代祭は京の都が誕生した日にあたる遷都の日10月22日を祈念して
行われる祭礼です。

時代祭では京が平安時代より千年余り培ってきた伝統工芸の技を動く
風俗絵巻として披露する場となっています。

そのため時代行列で披露される衣装や装具は厳密な時代考証をもとに
作製された本物で、数千万円、数億円を越えるといわれております。

時代祭の母体は市民によって構成された平安講社が担います。
現在京都には11の区制が布かれ、その中には190余りの小学校区が
あります。
時代祭は行列ごとに責任を受け持つ学区が定められ、市の全地域が
いずれかの行列に所属して奉仕する町衆の祭礼で、経費も各戸から
集められる奉賛金が財源となっております。

行列の人数は供奉者も加えて2000人、牛馬70余頭が参加し、
その時代絵巻は全長2km余りの規模となっております。

時代は明治維新から遡り、平安時代まで時代考証された衣服を
纏い豪華絢爛たる祭礼が行われます。

鳳輦門より出


その時代祭は御所の建礼門前から出発する前に、平安神宮で神事が
行われてから桓武天皇、孝明天皇を2基の御鳳輦に御遷し、鳳輦と神宝とともに
約400人が平安神宮の応天門を朝9時に出発して御所建礼門前にお迎えし、
行在所祭を行う行事から始まります。

平安講社第7列

鳳輦御所到着

御所にお迎えした御祭神に祝詞をあげお供え物をいたします。
沢山の神饌がお供えされます。

神饌1

御所にお花を届けていた白川女より献花もされます。

献花

維新勤王の山国隊は農兵隊として鳥取藩付属として結成され、岩倉具視によって
命名されたと伝えられ、戊辰戦争に参戦した隊として、明治30年から大正6年まで
時代祭行列の本列の先導役を務めました。
大正10年からは維新勤王隊が組織され山国隊に代わって時代祭の先導を務めて
います。
今年は山国隊結成150年を記念して奉賛されました、

山国隊2

行在所祭の後12時から風俗時代絵巻が建礼門前から繰り広げられます。
時代祭の大切な神事行在所祭です。
19 : 35 : 13 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京の夏の旅
2018 / 09 / 24 ( Mon )
京の夏の旅 御室別邸

第43回 京の夏の旅は3つのテーマで特別公開が開催されています。
「明治150年」「京のお屋敷」「もう一つの花街 島原」のテーマです。

京の夏の旅

そのうちの一つ「京のお屋敷」  ”旧邸御室” に行って参りました。

御室は京都市右京区の仁和寺を中心とした一体の地域を指します。
宇多天皇が譲位され仁和寺に御座所を設けられ隠棲されたところを御室御所
と呼ばれたところからきています。

門


嵐電の仁和寺駅から徒歩5分位のところにある、現在は株式会社山三製材所の
山本三夫氏所有の邸宅が今回公開されていてる”旧邸御室”です。

築80年といわれ、500坪の広大な敷地に建てられた数寄屋造りの邸宅は平成28年
11月に国登録の有形文化財に登録されました。

昭和12年に建てられた当初の建物は設計者は不明だそうです。
当時の所有者は大手酒造会社役員の阿部喜兵衛氏という方です。

四代目の阿部喜兵衛氏の祖父である二代目阿部喜兵衛氏は
朝の連続テレビ小説「マッサン」のモデルとなったニッカウイスキーの
創設者竹鶴政孝氏をスコットランドに送り出した人として知られています。

この阿部喜兵衛氏より昭和44年に山本氏が購入され現在に至ります。

22畳の大広間からの景色は双ヶ岡の斜景を利用して飛び石には鞍馬石を
そして樹齢100年~120年の赤松に灯籠を隔ててうばめがしが枝を張ります。

o.jpg

お座敷にはかりんの木を用いた座敷机がおかれ、これが庭鏡となり、お庭の
景色を写しだします。

書院造りの床の間は本床に付け書院と左端の一段高くなっているのは琵琶床です。
お客様をお迎えした時に琵琶を飾っておく飾り床です。

書院造りの床の間

お座敷の欄間には桐の木に”富士山”が彫られています。

富士山の欄間

富士山の欄間の下には襖絵に美保の松原が描かれています。

襖

お庭から山手に上がると四畳半のお茶室 ”双庵”が建てられています。

茶室

数寄屋造りのお茶室は落ち着いた雰囲気で大切に保存されているのか
とても綺麗でした。

茶室2

お茶室 “双庵” からの眺めは双ヶ岡を借景に母屋の屋根が見えます。

茶室からの眺め

お風呂の扉は筏流しの絵が描かれたすりガラスがはめられていて、モダンな
お風呂場です。
洗面台の鏡にそのすりガラスが写ります。

洗面台

洋間の天井は四季の花が描かれた格天井となっています。

格天井

玄関にもかりんの木で出来た衝立が置かれ外の景色を写しています。

玄関

邸宅内には大小15の灯籠が置かれています。

灯籠

昭和初期の数寄屋造りの邸宅が文化財としてその価値を後世に伝えられることを
願って公開されています。
京の夏の旅は9月30日迄となっています。
17 : 33 : 33 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京都の御大礼
2018 / 09 / 17 ( Mon )
京都の御大礼

今年は明治150年の記念の年であり、平成30年の節目の年を迎えております。
そして来年(平成31年)には平成天皇が譲位され元号が変わり、その年には
新たな天皇の即位の礼や大嘗祭が盛大に行われることとなっております。

明治になって天皇が東京にお移りになってからも、大正天皇や昭和天皇の即位礼と
大嘗祭は京都で行われて参りました。
大正4年(1915)の大正の御大礼は京都御所の紫宸殿で行われ、饗宴は二条城の
現在の清流園の辺りに新たな建物が新築され行われたようです。

この記念の年にあたり、9月1日から 「京都の御大礼」と題して、細見美術館や
京都市美術館別館、みやこめっせ、上賀茂神社、下鴨神社で御大礼ゆかりの
展示会や関連の講演会、よみがえる味 大正大礼のおもてなし料理、などの催しが開催
されております。

パンフレット


今日は二条城の台所で開催の宮廷文化を吟味する特別な体験として
 よみがえる味 大正大礼のおもてなし料理 の体験をしてまいりました。

特別講演会は「”京都の御大礼”がもつ意義を考える」
 天皇の歴史と文化研究者の所功先生のお話と
 皇室ジャーナリストの久能靖先生との対談がありました。

即位の礼が始まったのは飛鳥時代からで当時は中国の影響を受けていました。
大嘗祭というかたちが整ってきたのは奈良時代だとみられます。
衣装も孝明天皇の時は中国式、明治天皇の時より束帯姿になり、
高御座も大正天皇の時に復元されました。
大正天皇の時から皇后様の御帳台も置かれるようになりましたが、この時
皇后様はご懐妊されていたので、お立ちにはならなかったそうです。
衣食住の中で最も大事とされる食、新嘗祭はお米や粟をお供えして天皇がそれを
戴かれる直会の儀式で、このお米や粟が京都を中心に東西に分かれて奉納されて
きました。
等貴重なお話を伺うことができました。

図録


その後は飛鳥時代から大嘗祭の際に舞われた五節舞が披露されました。
五節舞には諸説あり
天武天皇の時代に吉野の天女が現れ袖を五度振って舞ったとか、
五度袖を振るのは呪術的であり、新嘗祭の前日に行われる鎮魂祭とも同じ意味が
あるという説や五節=五声として先王が5つの音調を用いて楽を作って民衆に教化した
等いろいろあるそうです。

五節会の舞1

この衣装は十二単の衣装で頭には日陰糸をつけます。
衣装を新調するには( )億円はかかるそうです。

御節会の舞2

本来新嘗祭の際には4名で、大嘗祭の際には5名で舞われるそうですが、
本日は2名で舞われました。

御節会の舞3

雅やかで、豪華な衣装とゆったりとした雅楽にあわせて舞われる五節舞は
優雅で艶やかな舞です。

御節会の舞5

この後は
西陣の魚新さんが作られた「御大礼おもてなし弁当」を頂きました

お弁当2

大正大礼の献立から現代風にアレンジした献立のお弁当です。
献立は
 *鯛糸づ造り、 いか松笠焼目、 うど
 *鮭黄身焼、日の出かまぼこ、松葉黒豆、鳥松風焼き、寄せ金柑
   ひしはなびら、浅漬け大根、松笠慈姑
 *炊合せ
   鴨じぶ煮、椎茸、すだれ麩、菠萩草
 *ご飯
   たいそぼろ、錦糸玉子、筍、紅生姜
が夫々彩りよく詰められていました。

西陣魚新さんは京都では萬亀楼さんと二軒だけ有職料理を継承されているお店です。
本日の献立は元宮内庁大善課に勤務されていた谷部金次郎氏の助言のもとで
つくられたものだそうです。

京料理のおもてなしは雅ななかにも素材の味がしっかり出されていて調和の
とれた大変おいしいお弁当でした。
20 : 34 : 31 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京の伝統野菜料理 
2018 / 08 / 22 ( Wed )
京の伝統野菜料理 萬川

「京の伝統野菜」は1987年に京都府で40品目を認定いたしました。
その「京の伝統野菜」としての定義付けは
 ①明治以降の導入の歴史を有する
 ②京都府内で生産されているもの
 ③たけのこをふくみ
   キノコ類、シダ類を除いたもの
 ④現在も栽培または保存されているもの、
   及び絶滅した品目を含む
とされています。

この他にもブランド京野菜として京都の永い歴史と伝統に育まれて
京の食文化を支えてきたものを、公益社団法人京のふるさと産品協会が
認定した「京マーク」のついた野菜25品目があげられます。

このように京は良質な水に恵まれ四季の寒暖の差が明確なところから
早くからブランド的な野菜が豊富で京の食文化の発展に大きく寄与してきました。

そして産地直の京野菜を使った京料理のお店も最近は予約が混んでいる
お店も多くなりました。

今回は京野菜の主産地である上賀茂の町家「萬川」にお伺いしてきました。

萬川

お店の雰囲気は築100年は経過している古民家、なんとなく「ほっこり」するという
感じです。 大人数ではなく20名位がお食事できるお店です。
大きなテーブルには季節の花が活け込んであります。

店内2

床の間飾り
床飾り

店内

玄関横の土間は現在はカウンターに変身
お得意様のキープボトルやいろんな種類のお酒が並べられています。
これもアートですね

カウンター

まずはおばんざい3種盛
 亀岡産茄子、小芋、 万願寺とうがらし の煮物
唐辛子 茄子 小芋

京水菜と大根のサラダ
 ピンクペパーの香がほんのりとします。
水菜サラダ

万願寺唐辛子の3種あぶり焼き(城陽産のとうがらし)
万願寺唐辛子は非常に大きく長く食べごたえがあります。
削りぶしのいい香りと相性がよろしく素朴な味わいです。
万願寺唐辛子

デトックス 豆乳ドリンク
 白味噌仕立ての和風スープといったところでしょうか
 豆乳の味が勝でもなく、白味噌の味が勝でもなく、お互いが
 マッチした夏には冷たく食欲をそそります。
豆乳スープ

今年の猛暑は野菜の栽培にも大きく影響しているそうで、上賀茂の賀茂茄子
は数が少なくなってしまっているそうです。
茄子田楽は産地の茄子を選んで調理して頂けるそうです。
今回は希少価値の上賀茂産をお願いしました。 他には亀岡産の賀茂茄子があります。

賀茂茄子

上賀茂産の茄子には上賀茂産野菜研究会のシールが貼られています。
上賀茂の農家の方はこのお茄子を栽培するのに、品種の保持だけではなく
これを育成保持していくことに誇りをもってその責任感で栽培されていると
お聞きしました。
賀茂ナス田楽

京山科茄子の焼きびたし、ゆばかけ
 焼きナスの香ばしい香とねぎ湯葉の歯触りがマッチしています。
焼きナス

京都産白米と18種の雑穀米の湯葉あんかけごはんに上賀茂産のすぐき漬けです。
湯葉もぱりぱりしたものと、餡かけのようにしっとりしたものと又感じが違い美味です。
湯葉雑炊 すぐき漬け

器にも心配りがあり、お料理にあった土物で素朴なお料理を引き立てる趣向が
垣間見えて美味しく頂きました。
急須

萬川さんは上賀茂神社から徒歩15分位です。
事前予約が必要です。
17 : 41 : 54 | 京料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ